マッチングアプリのプロフィールの書き方とNG集! テクニックも紹介します

私が女性なので、どうしても男性に求めるプロフィールの書き方になりがちですが、私も以下のことに従ってプロフィールを作っています。

容姿がかなりアレな私でもマッチングして実際に二桁以上の人とデートまでいっています。
(そこから関係が続かないのはまた別の話。続いてたら婚活ブログなんて作らない)

プロフィールの書き方に困っている人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

プロフィールの書き方

自分の名前を書きまして~みたいな基本的なことは置いておきましょう。

そのあたりの読み流しても影響がなさそうなポイントは省いていきます。
(だって名前とか年齢とか、マッチングアプリにはそういう項目あるからいいよね…)

目的を書く

まずは自分がアプリをどんな目的で使っているのか、しっかり書くようにしましょう。
目的をコミュで分けているタイプのアプリの場合だと、稀に「婚活中」の人と「結婚願望がない」人がマッチングしてしまう不幸もあります。

それを防ぐためにも目的は真っ先に書いておきましょう。
「婚活目的です」と端的に書くと上から目線に見えてしまうので、「○○(アプリ名)で素敵な結婚相手を見つけるために登録しました!」などとポジティブに書く方が万人ウケすると思います。

「一緒にビュッフェ行ってくれる友達募集中です!」とか個人的に惹かれます。
ビュッフェ好きです。

と、本来別の目的で登録しているはずの人が釣れちゃうこともあるにはあります。
目的を書いておかないと、たいていの人は「自分と同じ目的」だと思いこんでコンタクトを取ろうとしちゃうので、不幸な出来事に繋がりやすいです。

趣味を書く

自分が何に熱を注いでいるのかを書きましょう。

好きなことに対して浮かれてしまうのは人として当たり前のこと。
そして、たいていの人はそんな楽しそうな人を見るのが好きです。

顔がアレな芸人がモテたりするのはそういうことですよね。

趣味の書き方は後述しますが、好きなことや好きなものを書いておくと、後々やり取りをするときにも話題を広げることができますし、同じものが好きな人なら食いつきやすいので、ぜひとも書いておくべきです。

逆に書いていないと、この人いったい何なんだろう…と思ってしまうかも。

簡潔にまとめる

プロフィールは簡潔にまとめましょう。

マッチングアプリには掃いて捨ててもまだ片付かないほどの男女が集まっています。
何度もプロフィールを見る機会が訪れることになりますが、ほとんどの人のプロフィールはつまらないです。

時間をかけて作り上げた渾身のプロフィールでも、他人からしてみれば有象無象の一つだということをまずは念頭に置いておきましょう。

その中でも好感を持たれるのが、だらだらと書きすぎていない簡潔なプロフィールです。
お、これくらいならサラッと読んじゃおうかな、と思わせるくらいの文量で書いてみましょう。

この文量というのは、色んな人のプロフィールを見ていくうちに、「自分はこれくらいなら読める」という感覚が掴めてくると思います。
そうした「自分が読める文量」と「相手が読める文量」からも案外フィーリングが合う相手を見つけられたりするかもしれません。

プロフィールのNG

嘘を書かないとか、常識的に当たり前のルールはここでは書かないことにしましょう。

だってプロフィールを創作で埋めるとか、人としておかしいですよね…。

プロフィールに詳細は書かない

上記でも「簡潔にまとめる」と書きましたが、プロフィールに詳細を書きすぎるのはよくないです。

特にオタクにありがちなのですが、たとえば「アニメおそ松さんが好き」なことをアピールしたいとします。

そんなときに詳細を書きすぎるのはよくないです。

「カラ松が好きです! 頭がいいところはもちろん、いつもかっこつけてる癖に、たまに熱いところ出るのがいいし、ゆうきゃんイケボすぎて養いたいし…」

いやまあ根本的に例文が気持ち悪いのは置いておきましょう。
これの何が悪いかというと、マッチング相手が「おそ松さんに出てくる誰が好きなのー?」と聞くべき話題を自分から勝手に語っちゃってるところです。

喋りすぎオタクの典型例です。
聞かれてない質問に答えていくのは百歩譲っていいとしても、相手が振る話題を先回りして潰していくのは、しかもそれをプロフィールでやってしまうのは、よっぽどの聞き専じゃなければ一緒にいるのが辛くなると思います。

そして致命的なのが、書きすぎてしまうとプロフィールで興味が終わってしまうんですよね。

「おそ松さんが好きです」とだけ書かれてあれば、「あ、そうなんだ。おそ松さんに出てくる誰が好きなんだろう」と思ってもらえます。
しかし一方で例文みたいに書きすぎてしまうと、「あ、そうなんだ…」と、興味を持つ隙がなくなってしまいます

興味を持続させるためにもキーワードを散りばめたら、実際にメッセージでやりとりをするときのために詳細はとっておきましょう。

性格は書かない

性格を書くのもNGです。

自己分析は往々にして間違っていることが多いですし、それがプロフィール覧に書いてあると、良い性格なら「自分で言うか」と思われて、悪い性格なら「この人ネガティブそう」と思われます。

性格を判断するのは他人なので、明るい性格とか真面目な性格とか、ありきたりなことは書かないようにしましょう。

よく面白くて明るい性格って言われます!

お世辞だわバカ。

よく言えば他人のお世辞を真に受ける素直な性格ですが、穿った見方をすれば冗談も通じないつまらない人です。
そうじゃなくても、こういう他人を利用した自己アピールは見ていて気持ちいいものではありませんよね。

「自分の性格を一言で表すと、面白くて明るい性格です!」

こういうのは面白くて明るい性格であることを証明しないと説得力がないですし、プロフィールでそれはできないので書かない方がいいです。
「面白くて明るい性格」は会話していくうちに相手が気づいていく部分なので、殊更アピールするようなものではありません。

端的に言うと、サムいプロフィールになるのです。

気をつけてくださいね。

好きなタイプは書かない

好きなタイプを書くと、必然的にタイプに合わない人は連絡を取りづらくなります。
それだけでなく、「この人は要求の多い人だ」と思われがちで、タイプの人からも敬遠される原因になってしまうので、好きなタイプは書かないようにしましょう。

そもそも話題として「好きなタイプってどうなの?」と思ってしまう私。
相手がタイプに合っていても合っていなくても気まずいですし、合っていたから好きになるわけでも合っていないから無理って訳でもないですよね。

「神木くんみたいな人が好きなんですよね~」って言っても「あ、かわいい系なんだ~」みたいな微妙な反応されるじゃないですか。
わかってるよ、アラサーにかわいい系なんてそうそういないんだよ!

とまあ個人的には話題としても微妙です。

ネガティブなことは書かない

特に年齢に負い目を感じている人が多いです。

「アラサーにもなってなかなかいい出会いがなくて…」みたいなことを書いている人が多いですが、「そりゃあんたみたいなネガティブオーラ出してるやつに誰が近づくかあああ!」とつっこみたくなります(本音失礼)。

こっちもアラサーだわ。

暗い人とお付き合いしたい人なんていませんよね。
え…いませんよね?

プロフィールのテクニック

プロフィールを書くときに使えるたった一つのテクニックを紹介してみます。
コミュニケーションにも使えないことはないと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

さりげない文章

たとえば趣味がフットサルの場合。
(フットサルを趣味にしている男性は多すぎます)

「趣味はフットサルです!」と書いている人は多いですが、これだけだと会話のバリエーションが少なそうだな…と思う私のようなひねくれ者もいます。

最近は毎週のフットサルが楽しみで婚活サボり気味です笑

こう書くだけで、「趣味がフットサル」であり「趣味に熱を注げる人」であることもアピールできます。
同時にさりげなく「婚活目的」だけど「婚活がなかなか進まないならチャンスがあるかも?」とどっちとも取れるようなさりげないアピールも可能です。

要は「趣味はフットサルです!」だと、機械的に「趣味:フットサル」と書くのと変わらないので、人間らしく感情を載せて文章にしましょうという話なのです。

男性と女性では脳の構造が違うらしく、こうしたコミュニケーションの取り方は女性の方が得意らしいですね。
なので女性ならちょっと考えてみれば案外簡単にこういう文章を作れるはずですし、男性でも構造を理解して意識しながら書けば難なく作れると思います。

「趣味はフットサルです!」のように主張しすぎる文章は正直うっとうしさもあるので、「最近は毎週のフットサルが楽しみで婚活サボり気味です笑」くらいの語りかけるような文章の方が印象はいいはずですよ。

まとめ:正解は存在しない

上記の書き方とNG集を押さえながらテクニックもマスターできれば、プロフィールに関しては完璧です。

でも理解していただきたいのは、プロフィールの書き方なんかに正解はないということです。
これは私の書き方ですが、人によっては自分の中で上手くいく確信のある書き方を持っているかもしれません。

一番大事なのは必死になりすぎるあまり、取り繕いすぎてしまわないことです。

何事もがっついている人は気持ち悪く見えてしまうものですよね。
テクニックに書いた「さりげない文章」だって、私以上に捻くれている人は「こいつさりげなさを装ってアピールしてきやがるわ」と思う人がいないとも限りません。

キャラ的に「趣味はフットサルです!!!メッシ好きです!!!バルセロナラブ!!!」が合っている男子がいて、そういう人が好きな女子だっているかもしれません。

マッチングアプリには本当に人がいっぱいいるので、書く側も読む側も一様ではないんですね。
というわけで、私から言いたい最後のアドバイスはこうです。

書き方を研究するのもいいけど、アプリで人とやり取りする回数を増やした方が生産的だよ!

身も蓋もない結論ですね!

少しでも参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする