婚活をやっていて自分の容姿に自信が持てなくなった話

私は普段からマッチングアプリを使っていて、最近はすごくメッセージをいただけるようになったんですが、実は以前まであまりメッセージがこないタイプでした。

この記事でモテていると錯覚しないように…なんて言っているのが嘘のようですね。

メッセージがきても「この人もうちょっと容姿気にした方がいいんじゃ…」というような人ばかり。

ええ、その時は自分のことなんて棚の上の奥に放り投げていましたよ。
どこかで気づいていたとは思うのですが、男子も女子も自分と同じ空気を感じる人に話しかけるものなんですね。

当時はきっと私も同じ雰囲気だったのだと思います…。

スポンサーリンク

他の女子の顔が見えない

マッチングアプリの怖いところは、同性の写真を見ることができないという点です。

男子は男子の顔を見ることができない。
女子は女子の顔を見ることができない。

これはどういうことかというと、ライバルと自分を比べる機会がなく、競争心が生まれないってことなんですね。

普通の人なら競争なんてする必要もないのかもしれませんが、私みたいなブサイクになると多少競争があった方が見た目もよくなると思うんです。

なんて言いつつ、本当はプロフィール参考にしたりアイコン参考にしたりと、そういう小細工をしたかったんですがあきらめました。

そしたら今度は不安になってくるんですよね。

…私って、想像以上にブサイクなんじゃないか!?

ブサイクなんです。
いやでもね…多少は、多少は愛嬌があるというか、頑張れば可愛く見える瞬間が1日に1回くらいあるみたいな?

そんななけなしの自信は、マッチングアプリ初期の不安にぶっ壊されました。

メッセージの数やいいねで判断しなきゃいけない

メッセージがどれくらいの頻度でくるかとか、いいねがどれくらい貰えるかとか、マッチングアプリによってはそれを足跡の数と比較しながら見ていくわけですよね。
足跡に対して反応が悪いと、やっぱり私って…と負のスパイラルに陥りかねないので注意です。

しかもですよ?

私この時、色んな婚活ブログを見て回っていた時期なんです。
有名どころは網羅していましたし、ブログが単行本化されたものも買ってましたからね。
(だから書籍化の話に騙されたんだと思う)

そういうブログを見ているとね…やっぱり書いてあるんですよ。

毎日のようにメッセージが何通もくる、と。

え、嘘でしょ?
私こないよ?

特にアプリはじめたばかりで、まだまともに写真もアップしてないときにはメッセージが殺到したのに、逆に写真アップしたら静まり返ったとかありますからね。

そこで私はとうとう禁忌を犯してしまうのです。

身内に依頼してマッチングアプリに登録している他の女性を見せてもらうことにしました。
(そんなもの身内に依頼するな!)

容姿には最低限気をつかうべき

私は思い知りました。

こりゃあメッセージなんてこねぇわ、と。

みんなすごい爽やかというか、アラサーでもやっぱり女子というか、若々しいというか…。

まず顔ドアップってだめですね。
ドアップすぎて顔のパーツしか見えないのは、なんというか情報が少ない気がします。

アイドルとかよくやっているのかもしれませんが、それってアイドルがやるから映えるのであって、ブサイクの私がやってもブサイクに拍車がかかるだけでした。

あと女子に限ったことじゃないんだけど、snowとかアプリで加工してるのは「やる気あんのか!」って感じです。
男子の見ててもこれはないわーと思っていたんですが、同性がやっているのを見てもう鳥肌立ちました。

あんたそれお面被ってるんよ?
仮面舞踏会じゃないんだから…。

とかなんとか言っておきながら、私の方はどうなんだ?
snowとか加工がいくら気持ち悪くても、彼女たちは少しでも自分をよく見せようという努力をしていた。

私にその気持ちはあったのか?
真面目に婚活をする気があったのか?

婚活にも努力は必要

当たり前のことなんですが、何事にも努力は必要だったんです。

仕事を頑張るでもオタ活頑張るでもいいんですが、なんで婚活だけ適当にしておく理由があるんでしょうか。

マッチングアプリに登録しておけばなんとかなるだろ~と、私はマッチングアプリの便利さの上にあぐらをかいてしまっていたんです。
本当は登録してからが勝負だったのに。

少なくとも、自分をよく見せる努力はするべきです。
世間様に顔を見せるのに適当な容姿で出て行く人と結婚したいと思いますか?

あーないな。

と、逆の立場で考えてみて理解できたのでした。

だから私はマッチングアプリに登録したら、まずは化粧したりお気に入りの服着たり気合い入れて、近くのおしゃれスポットで写真撮ってます。
自撮り棒使ってる人最近見ないけど、私は観光客を装って堂々と使ってます!

脂汗かきながら帰宅して、ドキドキで写真アップしたら…メッセージ殺到だったんです。

みんな正直ですね。内心ガッツボーズです。

マッチングアプリを使うなら本番はたぶん、ここからなんでしょう。

スポンサーリンク

シェアする