婚活中なのに結婚願望がない男に会ってしまった

婚活していると、たまあにいるんですよね、結婚願望がないっていう男の人。

婚活アプリ(というか婚活コミュ)にも拘わらず「結婚願望ありません」ってプロフィールに堂々と書いている人がいるんですよ。

逆にこっちは思いっきり婚活中なんですけど、何を間違ったのかそういう人からメッセきてしまい、私も何を思ったのかLINEを交換してしまい、あろうことか会うことになってしまいました。

スポンサーリンク

なんで婚活アプリ使ってるの?

デートはおごってくれると言うので、つまらないやつだったら食べまくってやろうと思い、新宿某所のディナービュッフェをお願いしました。
時間制限もあって終電に間に合うように店出れるし、ちょうどいいかなと思って。

早速なんですが、料理を取りに行く前に私から切り出します。

「なんで結婚願望ないのに婚活アプリ使ってるんですか?」と。

「ま、まあ、その辺の話は食べてからにしましょう」

そうですよね。大変失礼しました。
(実はこれちょっと恥ずかしかった)

で、食べながら再び聞いてみたら、どうやら彼は雑誌に寄稿しているライターだったみたいなんです。
婚活中の女子を取材したいけど、自分自身に結婚願望はないからプロフィールに堂々と書いていた、と。

…だったらそう書いておいてほしいですよね!

ディナーが経費だと分かった瞬間、私の箸の進みも俄然ヒートアップしました。

アラサー女子に価値はある?

あんまり詳しく書くとそのライターさんにも申し訳ないのでぼかすんですが、簡単に言うと「今度雑誌で婚活系の企画をやるので、取材に応じてくれ」ってことだったみたいです。

どうして婚活しようと思ったのー?
どんな方法で婚活してるのー?
実際会えるのー?怖くないー?

とか、最初はそんなオーソドックスな質問。
それから理想の人の話とか、どんなサービスがあったらいいかとか、ライターさんも企業から依頼を受けてるので最低限しなければいけない質問があったみたいです。

こんなアラサー女の話に価値なんてあるのかなあと思うわけですが、ギャラは食事代なので4000円くらい笑
名刺すら貰えなかったので、本当にライターなのかどうかは分からないですけどね。

せっかく普段会えないような人に会ったので、私は私でブログのネタになるかなあと思って色々聞くことにしました。
ギャラが食事代だけなんてのも寂しいので笑

どうしてマッチングアプリだったのか

ライターだろうがマッチだろうが婚活アプリで「結婚願望ありません」は非常識というか、アプリ自体の信用を左右しちゃいますし、利用者としてもこんなのがいっぱいいるの?と不安になっちゃうと思うんですよ。

だからまずはそれやめたほうがいいと忠告しました。
というか、その場でプロフィール変更させました笑

そこはそれでいいとして、どうしてマッチングアプリで取材する相手を探そうと思ったの?と。

ライターさんの仕事内容にも関わるので詳しくは言えないんですけど、「取材相手を探そう」となったときに「このマッチングアプリだとアラサーの利用者多いですよ」ってことで勧められたみたいですね。
思わず「アラサーの利用者ってなんですか笑」とつっこんでしまいました。

アラサーくらいの本気で婚活している人の声が聞きたかったんでしょうかね。

でもそれなら結婚相談所とか行けばよくないですか?
なんなら婚活パーティに潜入したっていいと思いますし。

そしたら結婚相談所は建物の前で人つかまえてたら怪しい人だと思われて警察呼ばれたらしいです笑
もちろん相談所側から「やめてくれ」と怒られて断念。

婚活パーティはマッチングアプリ以上に「結婚願望がない人」に厳しそうだったので、マッチングアプリで1対1の取材をすることにしたそうです。

いや言っておきますが、こちとら婚活してるわけですから、どこ行っても「結婚願望がない人」には厳しいですよ!

企業側が間違ったライターに依頼しちゃったからなのか、このライターさんが不勉強だからなのか、とにかくこの人に婚活記事は向いていないなと心底思ったのでした。
面白い経験でしたけどね。

後日談:雑誌をもらった

ちなみに後日談なんですが、実際に記事が載った雑誌をもらいました。
婚活関連の企業がスポンサーについていたのか、なんか不自然なくらいに営業トークが多い記事だったなあっていう印象です。

私にした取材の会話は大筋変わらず、若干整えられて載っていましたが、これもなんか「ちゃんと取材しましたよ」っていう取って付けた感が否めなくて、本当にこの人ライター向いていないんじゃないかなあと。

いずれにしても大変な仕事なんですねえ。ライターって。
私はせいぜいブログで文章書いてるくらいですけど、雑誌に載せる文章書いてくれなんて言われてもどんなふうに書けばいいかわからないですからね。
取材の仕方もわからないですし。

20代半ばくらいでまだ若いライターさんだったので、駆け出しだったのかもしれないです。
なんとなく結婚願望がないのも分かるなあと思ったり。

結婚願望がない人を婚活アプリで見つけたら、その人はライターかもしれません。
ディナーをおごってもらって、プロフィールから「結婚願望ないって書かない方がいいよ」と指導してあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする