子供が欲しいと思ったらいつまでに結婚・出産するべき?

子供が欲しいという女性は多いかと思います。
私の周りにも結婚はしなくていいけど子供は欲しいという人が多数。

まあ半ば冗談なんですけど子供が欲しいことには変わりなくて、しかし一方で自分の年齢を考えると何歳までに結婚しなければいけないのかとか、何歳までに出産しなければいけないのかとか色々と考えるべきことは多いのです。

よく言われるのが、出産の適齢期はいつなのかということ。
適齢期を逃してしまった人はどうなるのか?などなど、調べるべきことは絶えないんですよね。

どうやらこうしたことは学校で教えないらしく、自分で調べないと分からないらしいじゃないですか。

だから調べてみました。

スポンサーリンク

適齢期は何歳?

まずは結婚の適齢期は何歳なのか?

ということで、以下のサイトを参考にしてみます。
子供の出産は何歳まで?

必要な箇所は適宜引用しますのでご安心を。

このサイトによると、20~24歳の自然妊娠の確率が86%に対し、30~34歳の確率は63%まで下がってしまうそうです。

さらにこれが40歳になると、妊娠の確率は36%まで急降下。
加えて不妊の人の割合が32%まで増加してしまうのだとか。

これを分かりやすく表にしてみると、以下のようになります。

年代 妊娠の確率 不妊の人の割合
20~24歳 86% 3%
25~29歳 78% 5%
30~34歳 63% 8%
35~39歳 52% 15%
40~44歳 36% 32%
45~49歳 5% 69%
50歳以上 0% 100%

ご覧の通り、50歳になると可能性はゼロになります…。
そうじゃなくてもアラフィフに到達した時点で、自然妊娠は望み薄。

現実的なことを思うと30代がギリギリなのかなと思ってしまう数字が並んでいます。

適齢期はいつ?という話ですが、数字だけを見れば20代ということになるでしょう。

それから年齢を重ねるごとにどんどん確率は下がっていってしまいます。
加えて妊娠したとしても、今度は流産の可能性もあります。

20~30歳までは流産の発生率が1割程度で済んでいるのですが、これが34歳になると2割まで伸びます。
36歳で3割に増加し、40歳で4割。

42歳になるとなんと87.5%の割合で流産が発生しているそうです。

本気で出産を考えるなら若いうちに婚活・妊活をしなければいけないことが分かります。

いつまでに結婚すべき?

では、いつまでに結婚するべきなのでしょうか?
先ほどのサイトから引用すると、結婚から出産までの平均期間は、以下のようになっているようです。

第一子出産期間:結婚後2.19年
第二子出産期間:結婚後4.80年
第三子出産期間:結婚後6.91年

データから見ると結婚してから2年後に第一子を出産しています。
となると、遅くても32歳くらいには結婚しておかないと妊娠する確率が著しく下がってしまうということに。

適齢期を20代と考えれば27歳で滑り込みといったところでしょうか。
アラサーの人々にとっては何とも辛い結果です。

子供が欲しいアラサー

私、そろそろ妊娠しないと子供産めなくないですか?

なんていったってアラサーの私。
アラサーと自称するだけあって20代は終わっているのです。

もちろん婚活は頑張っているところですが、仕事が忙しくてなかなかうまくいかない…。

これは本当にいいかげん転職するべきなのかもしれませんね。

少子高齢化云々と問題ばかりが声高に吐かれる昨今ですが、会社の方がまともに婚活させてくれないんじゃ仕方がない。
女が妊娠するにはタイムリミットがあるんだよ…権力を持っている人の多くが男性だからこうなっているんじゃないでしょうかねぇ。

ところで私は全然知らなかったのですが、出産適齢期を論じるのはタブー視されているという見方もあるそうです。

出産適齢期はタブー

出産適齢期(初産適齢期)はいつなのか?

こちらの記事にあるとおり、高校の教科書に「妊娠しやすい年齢は22歳」と載せたところ、介護等業界から苦情が入ったのだとか。

これが日本の現状なんですかねぇ。
22歳で女性たちが妊娠するようになったら働き手がいなくなります。

特に若い女性を多く採用する介護業界からしてみると、この人たちが働かなくなってしまうのは困るのです。

まさしく増えすぎた老人たちが、少子高齢化を促進する図ですよね。
若い女性を食い物にしてしまう業界ってなんだか気持ち悪いですね。

とにかく私のようなアラサーなんかはもう若い女性でもないですし、まずは結婚しなければ出産もありえないわけですよ。

粛々と婚活を進めていきましょう。
私のようにマッチングアプリを使って婚活を進めたいと思っている方は、以下の記事を参考にしてみて下さいね。

各マッチングアプリの特徴とレビューを比較・評価しました

スポンサーリンク

シェアする