私がダレノガレ明美を嫌いじゃない理由は、デブな過去からダイエットに成功した努力家だから

男性からも女性からも嫌われている芸能人って結構珍しいよね。
と言っても私はネットしか見てませんけどね。

きっとTwitterやインスタしかしない人だっているでしょうし、そういう人たちはきっとAndroidのことをスマホと呼びiPhoneをスマホだとは思っていないタイプなんだろうと思います。

そんな人たちでも芸能人の好き嫌いというものはあるんでしょうけど、たぶん理由は見た目が無理とか性格悪すぎとか。

ダレノガレ明美の場合は、ちょっと理由が特殊なのかなと個人的には思っていたり。
ネットで見る限り世間的に嫌われることになった最たる原因は、画像加工をするときに垣間見えた人間性の醜さなんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

ダレノガレ明美が嫌われる理由

ネットでよくネタにされてるのがこれ。

ダレノガレの写真加工が雑すぎワロタwwおのののかに顔デカ加工ww嫌な女と話題に

さすがにこれ見たら100年の恋も一時に冷めるというやつですよね。
どんなコアな男性ファンも、さすがにこれを見たら擁護のしようがないでしょう。

でもこの加工芸はかなりギャグセンスが高く、私自身も毎回楽しみにしているところです。

このコンプレックスの強さと、自分のために他人をだしにしていく馬鹿正直な人間性の醜さ。
きっとこれが嫌いと言われてしまう所以なのでしょう。

たぶん女性の9割は嫌いなんじゃないってくらい嫌われてますよね。
私の周りにもダレノガレ明美が好きな女性は1人しかいません。

彼女も驚くほど性格が悪く、性格が悪い人大好きという変わり者なのでレアだと思います。

かく言う私も、ダレノガレ明美のことは嫌いじゃないんですけどね。

嫌いじゃない理由

あまりにも強すぎるコンプレックスも、他人を蹴落としてまで自分を偽ろうとする醜さやプライドの高さって、人間としては最悪ですが、私は別に嫌いじゃないんですよね。
まあこの二つはほとんどセットみたいなものですが。

コンプレックスを抱えている人間って必ず過去に何かあって、ルサンチマンで生きているわけじゃないですか。
ルサンチマンという言葉は、ニーチェ曰く「恨みの心。強者に復習したいと望む鬱屈した弱者の心」という意味です。

彼女は元々デブだったのです。
元々67kgだったのです。

ダレノガレ明美は元々デブだった

右の加工写真はもうウケを狙っているようにしか見えませんが、こんな針や骨のような見た目に加工したいと思う心理は、デブであることを馬鹿にされた過去があったからでしょう。

なぜわざわざこんなデブだった過去のツイートをするのでしょうか?
その理由は、過去に馬鹿にしてきた人たちに向けて「今私はこれだけ変わってこれだけ人に認められている」と主張したいというルサンチマンの現れ。

醜い加工写真からこうした過去を想像できてしまうので、私は嫌いになれないんですよね…笑

そして67kgの過去が本当にあって、今はあんな加工写真ほどじゃなくても実際に痩せている。
その努力もまた、私が嫌えない要素だったりします。

ダレノガレ明美はダイエットをした

そう、意外と努力家なんですよ。
現在43kgらしいのですが、67kgから43kgに落とすって相当きついですよ。

筋トレマニアの友人男性曰わく、「アスリートレベルの食事制限と運動をしなければああはなれない」だそうです。
ちなみに彼はダレノガレ明美大好きです。

こうした努力の成果を評価する人間は、確実に一定数いると思います。
自分が努力したことのある人間ならば尚更ね。

どうやってモデルになったとか、そういう経緯は分かりません。
モデルになれば事務所からの支援もあって体型維持も仕事の内になるのかもしれませんが、ここまで辿り着いたのは紛れもなく彼女の努力ですよね。

加工してないと実はかわいい


出典:日刊スポーツ

この写真は2年半くらい前のものですが、実は加工していなければ普通にかわいいハーフの女の子って感じの見た目をしているんです。

たぶん本人はハリウッド女優みたいグローバルな美しさを目指しているのだと思います。

その証拠にTwitterのプロフィールは「JAPAN Model」ですからね。
英語表記です。

日本で活動するだけなら加工しなくてもいいとは思うんですけどねー。
ハリウッド女優は9割方加工された写真を発信してるし、きっとそれに倣っていると思うんですけど、加工技術が圧倒的に追いついていません。

そして加工していることは周知の事実。
それでも加工した写真を公開していくのは、日本の女の子たちのアイコンになりたいからなのかなあ。

グローバル水準の美しさを日本の女子たちにも意識して欲しいからなんでしょうか。

この謎の使命感も私は好きなんですけどね笑

Twitterとかインスタのフォロワー数やいいねの数を見ると、アイコンとしては大成功しているとは思います。

一つ苦言があるとすれば

結局みんな顔なんですよね!!!

せめて私にもあの顔があれば、婚活なんてしなくてもイケメン男子と結婚できていたはずなんですよ!!

って思っている人は私だけじゃないはず。
なんだかんだ可愛い子って男子も女子も大好きですからね。

友達にはならなくていいですけど、憧れる部分が少なからずあるのは事実です。

で、一つだけ苦言があるとすれば。

私が婚活で狙える男性の年齢ってせいぜい30代~アラフォーくらいじゃないですか。
それより下がわざわざ30代女性を相手にする理由はないですし、アラフォーより上はちょっと無理です。

この30代~アラフォーの男性って、意外とダレノガレ明美の加工写真みたいな明らかにおかしな写真でも信じている人が多いってことなんですよ笑

そういう写真が世の中に出回り、信じてしまうことで何が起こるかというと、付き合う相手を選ぶ際の基準もそれだけ厳しくなってしまうということです。

私みたいなブスでスタイル大根がますます売れ残っていくんです!笑
こういうところだけは本当に勘弁してほしいと思いました。

…私もダイエットがんばろ。

スポンサーリンク

シェアする