婚活中のアラサーIT女子だけど確かに女子力はない

こんにちは、いつも仕事しながらネットサーフィンしているアラサーのIT女子です。

マルチディスプレイって便利なもので、片方でコーディングしながらもう片方でメール対応とかネットサーフィンとかできるんですよ。
働けって思うかもしれませんが、自分の仕事さえなんとかすればネットサーフィンだろうがソシャゲだろうが許されている現場が多いのは新興ITならではな気がします。

ゲーム開発の現場だからでしょうかね。

まあ私以上に上司たちがそんな感じなので私もそれに倣って、職場でネットサーフィンしたりブログ書いたりしています。
もちろん仕事もやっていますけどね。

ところで今回の記事を書こうと思ったきっかけは、以下の記事をライブドアニュースで見つけたからです。

キラキラ女子とは程遠い!? 過酷すぎる技術系「IT女子」の実態と恋愛事情

まずキラキラ女子(笑)っていうツッコミは置いておいて、「全てにおいて肌荒れする要素しかない!」ってひどすぎじゃないですか?

ええ、その通りなんですけどね!

スポンサーリンク

デートの暇がないはホント

トラブル発生後や納期の直前など、プロジェクトの進捗によっては土日でも当然のようにお呼びがかかります。平日だって残業続きなのに……「じゃあ、いつデートすんだよ!」と、どこかに怒りをぶつけたくなるのも仕方のないこと。

これは紛れもない本当の話。
別に女に限ったことではないですし、良くも悪くも男女平等に残業は終電ギリギリまでで、それでも仕事が終わらないのだから当然土日にも仕事は発生します。

土日の休日出勤はあらかじめ決まっているものではなく、平日に限界まで残業しても仕事の進捗が芳しくないからこそ、土日まで侵食してくるわけです。

じゃあ、いつデートすんだよ!?

思ったほど残業がなかった平日か、奇跡的に休出が入らなかった土日…って当たり前ですね。

婚活で年収1000万円超えのお金持ち男性に会った

こちらの記事で紹介した方も残業代で年収を引き上げるIT戦士でしたが、記事に書いたとおり、彼は仕事の合間にデートをしていました。
私にはちょっとできませんが、こうした働きぶりに慣れてくると、仕事の合間にデートをするなんていう猛者も出てくるんでしょうね。

働き方の自由度が高いは微妙

とはいえ……働き方の自由度は高い
IT女子の魅力は、何といっても技術を身につけられること。SEやプログラマーは常に人手が必要とされており、技術のある人は年齢性別問わず重宝されます。

また、自分の仕事さえできれば、多様な働き方が認められている業界でもあります。フレックスや自宅勤務など、自由な時間の使い方が認められているのも特徴。

技術を身につけられるのが女子の魅力になるかどうかは微妙なところ…というか、年齢性別問わず重宝されると書いているとおり、この点に関してはやっぱりIT女子云々はあまり関係ありませんね。

先述したとおり、うちの現場でも自分の仕事さえちゃんとやっていれば、出勤午後からになっても誰も怒らないですし、自宅で仕事やりますなんてことも人によっては認められます。

職場のほとんどの人がPCの横にスマホ置いてソシャゲのオート操作やりながら仕事してますし、ひどいと客先から帰ってきた課長が3DS片手にスマブラやるぞと言って仕事を妨害してくることもあります。
ちなみに私はスマブラ最弱です。

楽しそうでしょ?

実際楽しいですよ。
でもこんなことやっているから仕事が終わらないし、土日にも仕事が入るんです。

みんな終電ギリギリまで仕事やるのを前提に動いているところがありますしね。
うちはゲーム開発をしている企業ですが、未経験の中途でも全然採用しているので、気になった方はProEngineerとか使ってみるといいと思います。



無料ですし、確か就職直結とかあったと思います。
まあ、やる気があればですが…。

で、見出しには「微妙」と書きましたがそれは何故なのか?

IT女子」っていう括り方がよくないですね。
ゲーム開発だってプログラマーだってIT女子にはなりますが、同様にシステムエンジニアだってIT女子ですからね。

私は前職システムエンジニアでしたが、職場環境は最悪でしたよ。
私服着ちゃだめで常にスーツでしたし、客先に出向するので当然フレックス出勤なんてしたらクビですし、自宅勤務なんて作業環境的に不可能です。

中にはスマホ持込禁止の現場までありましたからね。
そう、システムエンジニアは現場を転々とすることもあるのがまた辛いところでした。

なのでIT女子の中でも自由度はジャンルによって点でバラバラだと思ったほうがいいです。
ゲーム開発系IT女子は自由な職場が確かに多いと思います。

同僚の男性がイマイチはホント

本当に業績のよくない会社だと、気付けば残っているのはそんなネチネチ系の男性ばかり……なんていうことも。優秀で行動力がある人たちは、愚痴ってなどいないでさっさと独立し、夢を実現させていくからです。

これはまさにその通りで、前職では部長とか社長とか偉い人がよく嘆いていたことですね。
優秀な人材ほど早く辞めますし、残るのは残業代目当てにダラダラ仕事するようなクズばかりだと。

なのに……職場恋愛の宝庫
そんなネチネチ男性のどこがいいの!?と思われるかもしれませんが、“勤務時間が長い=職場恋愛が多い”なのです。美容室や証券会社でも同じ説が唱えられますが、この方程式はIT業界にも当てはまります。

しかしこの方程式は私は当てはまらないと思います。
勤務時間が長いとは言いますが、8時間も14時間も総じて「勤務時間が長い」ですよ。

そしてクズと8時間一緒にいるのも14時間一緒にいるのも一様に「最悪」です。
年輩の人になると職場恋愛で結婚しましたという人も多く見られますが、20代30代はやっぱりネットに精通していますし、ネットでの出会いにあまり抵抗がないので、職場恋愛で妥協するような人はあまりいませんね。

本当に職場恋愛ができるなら私もマッチングアプリで婚活してないで、職場恋愛でさくっと結婚して仕事辞めたいですよ…。

まあここまで読んでいただければお気づきかと思いますが、こんなところで働きながら職場外の人間と結婚しようなんて誰がどう見ても困難ですよね。
わかってはいるんですけどね…。

キラキラ感?IT女子の魅力?
そんなもんねぇよ!というIT女子の独り言でした。

スポンサーリンク

シェアする