婚活で遠回しに父親の介護してくれっていう40代後半男性に会った

結婚相手に求めるものは人それぞれ違いますし、婚活をしていると様々な人に会うことになるわけですが、あんな人は後にも先にも二度はないだろうという人に会いました。

記事タイトルにある通りです。
直接的に言ってきたわけではないのですが、どう考えてもそうとしか受け取れない言い方で「父親の介護」を迫る40代後半。

隅から隅まで結婚したい要素がなくて、もはや笑ってしまうくらいでしたね。
私が自分から割り勘を申し出なかったのは、あの時がたぶん初めてでした。

スポンサーリンク

遠回しの「介護してくれ」

その日は初めて会う日だったのですが、いつものように私の仕事の都合で日曜は無理。
土曜は空いていたのですが、相手の方の都合がつきませんでした。

だから早く帰れた日を狙って飲みにいくことにしたのです。

彼のことは「介護」からとってKAさんということにしましょう。
冗談ですがイニシャルは間違っていないKAさんです。

飲んだ場所は池袋のちょっとおしゃれなビストロ(?)
(ピザとかワインとか出るやつです)

KAさんはお酒に強くない方らしく、赤ワインを飲み始めてすぐに顔が真っ赤になってきました。

酔った勢いなのか、酔ったのを装っていたのかは今となっては分かりませんが、しんみりとした口調で彼が唐突に切り出してきました。

実は父親が寝たきりでさ

へー。

「俺の兄弟みんな男で、母親もいい歳でさ。やっぱり介護は女手がないときつくて」

KAさんは3人兄弟の長男なのだとか。
下の2人は結婚してそれぞれ実家の外に散っているらしいのですが、KAさんは要介護の父親と何かと大変な母親のために実家に残っているそうです。

40代後半が独身で実家住まいってなんか色々すごいな。

内心「だから?」と冷たく返事をする私。
気まずくなったのか、KAさんは取り繕うように「早く結婚しなきゃなんだよね」とまとめました。

うん、知らんよ。

私はお前を好きではない

冷たいと思われるでしょうか?

でもお互い求めるものが違いすぎるんですよ。
私は好きになれた人同士で結婚して幸せな家庭を気づきたいと未だに夢を見ているアラサー女。

一方、KAさんは自分が介護したくないからなのか、本当に母親を楽にしてやりたいのか、いやまあ両方なんでしょうけど、結婚に「介護してくれる甲斐甲斐しい女性」を求めているわけです。

そんなの「介護がしたくてたまらない女性」と結婚すればいいわけですよ。
ヘルパーさんに金掴ませて結婚すればいいじゃないですかって思いますけどね。

20年分くらいの給料払って。

途端に赤ワインの鮮やかな色がどす黒く濁ってきたように感じてしまいました。
口に含んでもまずくてまずくて仕方がない。

鼻腔を抜ける安っぽい香りに今すぐにでも帰りたくなってしまったくらい。

大変ですね

私は冷たく言い放ちました。
KAさんのことは好きじゃないですし、こんな独善的な人はこれからも好きになることはないでしょう。

これで冷たいと言われるなら、私は一生結婚できないのかもしれません。

誰が自ら不幸になりたがるのか

だって、自分の父親じゃなくて、赤の他人の父親の話ですよ。
結婚何年目とかいう夫の父親でも長年付き合っている彼氏の父親でもなく、つい数時間前に初めて顔を合わせたアラフィフの父親です。

彼は独身の実家暮らしで自分の仕事を言いたがらないような人間で、収入があるかどうかも分からない。
寝たきりとは言うものの、病状も程度も分からなくて、もしかしたらトイレにすらまともにいけないくらいなのかもしれない。

何一つ見返りがないのを分かっていて、誰が結婚しようと思うのでしょうか。
不幸になることが確定しているのに、いったい誰が自ら進んで不幸になろうと思うのでしょうか。

愛は見返りを求めないものですけど、KAさんはきっと恋愛なんかしたことないんですよ。
だからどうすれば自分を好きになってくれるのかなんてことも考えられないんです。

世代的にアラフィフ男性にはそういう性格がちらほら見え隠れすることが多いと思っていますが、相手を道具としか思ってないんですかね…。

もしも逆の立場だったら

でもちょっと考えたのが、KAさんは間違いなく必死だったんだってことですよね。

実家を出ずに40代後半まで人生を過ごしてしまった温室育ちなので、きっと根は真面目なのでしょう。
母親の大変そうな姿は毎日その目で見ているに違いないです、本当に母親を楽にしてあげたかったのだと思いますし、結婚して父親に自分の伴侶を見せてあげたかったのかもしれません。

そしてもしも自分が同じ立場だったら、やっぱり同じことをしようとしたのかもしれない。

同じ状況になったことはないので、冷静な今はそうなったら婚活なんてやっている場合じゃないだろうと思えるのですが、実際そんな状況に陥ってしまったら慌てて婚活を進めるのかもしれません。

いや、うーん。

やっぱりヘルパーさんは雇おうよ。

なんかよく考えてみると、父親や母親を言い訳に婚活するのってずるいですよね。

だから結婚できないんですよ。

あなたも、私も。

スポンサーリンク

シェアする